二十七回忌でしておいた方が良いこととは?

寺院葬・寺院・霊園の事なら聖香廊

二十七回忌でしておいた方が良いこととは?

一般に三十三回忌法要が「弔い上げ」とも言われているため、二十七回忌はその三十三回忌の一つ前の法要となります。亡くなられてから満26年目に行われるこの法要は、近年省略されることも珍しく無くなってきました。遺族だけが参列する事も多いと言える二十七回忌法要とは、どうすれば良いのでしょうか。

スポンサードリンク

他の法要と一緒に二十七回忌を行う

故人が亡くなってから26年ということは、その間に身近な方が亡くなることも少なくありません。そんな場合には「合斎」といって、他の法要と一緒に二十七回忌を行う場合も多いようです。一緒に行う法要が七回忌や十三回忌といった節目の法要が一緒であれば、二十七回忌も大々的に行われる場合もありますが、日程は亡くなって日が浅い方の法要に合わせた方が良いでしょう。

「節目の法要と一緒の場合は、装いも格上の法要に合わせなくては」と心配される方も多いかも知れません。でもそもそも四十九日や一周忌、三回忌などは「合斎」せず、単独で行うのが普通です。それ以降の法要は、男女ともに略礼装となりますから大丈夫。ただし施主は準礼装で皆さまをお迎えした方が無難の場合もあります。

永代供養をお菩提寺にお願い

三十三回忌は大きな法要となり、その後「永代供養」をお菩提寺にお願いすることも多いのです。その際は準備も大変ながら、永代供養代も数十万掛るのが普通と言われています。もちろん地域や宗派によって異なりますから、菩提寺の僧侶に事前に相談しなくてはいけません。 三十三回忌を控える二十七回忌法要は、三十三回忌の打合せに時期もタイミングもベストと言えます。スムーズな「弔い上げ」を行うためにも、二十七回忌で住職に話をしてみても良いでしょう。

二十七回忌は節目の法事という訳ではありませんから、費用も比較的少なくなることが多いようです。「お布施」が1~3万円、自宅などに来ていただいた場合は「お車代」として5千円(お寺で読経を上げていただいた場合は無し)、会食に来ていただくなら食事代、来ていただけないなら1万円(仕出しなら5千円~1万円)を用意しましょう。もちろん、この費用もケース・バイ・ケースなので、一つの目安として下さい。

スポンサードリンク

法要のご案内

供花スタンド・花輪(葬儀・葬式)のご注文 画像 供花スタンド・花輪(葬儀・葬式)のご注文 画像
RING BELL リンベルの法要・香典返しのカタログギフトご注文 画像
お香・お線香の手配・ご注文 画像

↑ PAGE TOP