海洋葬

寺院葬・寺院・霊園の事なら聖香廊

海洋葬とは

海洋葬 画像
スポンサードリンク

海洋葬とは、遺骨を自然に還す「自然葬」の中の1つで、海へ散骨する葬送方法です。 故人の遺志によって自然に還したり、海が好きだからといった理由、また事情があり墓を持つことができない場合などにも利用されています。 海洋葬を行う際の流れや相場など詳しく解説していきます。

海洋葬の流れ

海洋葬を行う際は、生前の申し込みも可能となっています。 生前に自分の希望する散骨海域などを調べて申込が可能ですが、家族や親族には事前に説明をして理解をしてもらうことが必要です。 遺骨を全て散骨するのか、一部を残して管理するのかなど遺族が決めなくてはならないからです。 葬儀を行った後、火葬場後に埋葬しないで散骨する場合と、埋葬後に遺骨を取り出して散骨する場合とに分かれます。

1.申し込み

海での散骨になるので、出航場所や散骨海域、またプランや日程を事前に業者と打ち合わせて申し込む必要性があります。 その際に、一部遺骨を残すかどうかの旨も伝えます。

埋葬しないで散骨する場合
葬儀後に、埋葬しないで散骨する場合は、火葬場で受け取る埋葬許可証が必要になります。 埋葬許可証を必ずご準備ください。

埋葬している遺骨を取り出す場合
既に埋葬している遺骨を取り出して海洋葬を行う場合には、改葬許可証が必要となります。 埋葬している墓地より納骨証明書を発行してもらい、墓のある地域の役所へ提出すると発行してもらえます。

2.遺骨の引き取り

散骨業者が遺骨を引き取ります。 遠方の場合は郵送になることもあります。

3.粉骨

海に散骨できるように遺骨をパウダー状に加工します。

4.散骨式

指定された出航場所へ集合して船に乗って散骨する海域へと向かいます。 この際に乗船できない場合は、散骨業者が代わりに散骨を行います。 また個別散骨で行われる場合と、他の遺族と共に行う合同散骨の場合がありますので事前に確認してください。 海域へ到着した後は、船上から散骨を行いお別れをします。 その後献花や献酒、黙祷を行った後に帰港します。

親族を呼ぶ範囲

海洋葬では、散骨式に呼ぶ親族や知人の範囲は決まっていません。 遺族が散骨できない場合は、散骨業者が代わりに散骨を行ってくれます。 また他の遺族との合同散骨の場合は、他の人達も乗船するので少人数で参列することになります。 そのため近い親族のみが参列することが多くなっています。 個別散骨を行う場合は、親しい友人や知人も乗船することができ、船上で故人の好きだった音楽などを掛けたり、プランによっては食事などを行うことも可能です。

海洋葬のメリット・デメリット

自然に還ることができる海洋葬は、どういったメリットとデメリットがあるのでしょうか。 メリットとデメリットを理解した上で、海洋葬への申し込みを行いましょう。

海洋葬のメリット

・墓よりも費用が抑えられる
墓石を購入するよりも費用が抑えられます。 墓石や維持費などの必要性もないので、継承者がいない場合に最適です。

・故人の希望を尊重できる
故人が希望していた場合、また故人が海を好きだった場合など希望を尊重できます。 自然に囲まれて安らかに眠れることでしょう。

海洋葬のデメリット

・散骨後は墓標がない
埋葬や樹木葬と違って墓票がありません。 海へと散骨するので、形に残しておきたいという遺族には向いていないかもしれません。

・周囲の理解が必要
最近増えてきている葬送ですが、まだ一般的には知られているわけではありません。 そのため親族や周囲の理解が必要です。

海洋葬の相場

海洋葬にも種類がいくつかあるので、散骨方法によって費用も違います。 遺族が乗船することなく、散骨業者に一任して散骨を行う場合は3万円前後からと費用が安くなっています。 また、合同散骨を行う場合は、2,3組の遺族と共にチャーターして行われるので日程調整なども必要になります。 この場合は10万円前後から20万円程度の費用となります。 1組で船を貸切る個別散骨の場合は、他の葬送に比べると高くなり15万円からプランによっては50万円前後するものもあります。 ただし、この場合は食事などオプションが付いています。

スポンサードリンク

費用・プランのご案内

費用・プランのご案内

供花スタンド・花輪(葬儀・葬式)のご注文 画像 供花スタンド・花輪(葬儀・葬式)のご注文 画像
RING BELL リンベルの法要・香典返しのカタログギフトご注文 画像
お香・お線香の手配・ご注文 画像

[特集]お布施の包み方

↑ PAGE TOP