直葬

寺院葬・寺院・霊園の事なら聖香廊

直葬とは

直葬 画像

直葬とは、通夜や告別式などを行わない火葬のみの葬儀です。 少人数制で行うシンプルな葬儀形式となり、式典などを行わないことから遺族の負担が少なくなっています。 直葬の流れや、直葬を行う場合の相場やメリット・デメリットなど詳しく解説していきます。

直葬の流れ

直葬は一般葬と違い、通夜や告別式がありません。 そのため火葬のみとなり、葬儀の流れも少し変わってきます。 ご臨終後に直葬と決まった場合は、葬儀会社に電話をしてその旨をお伝えください。 寝台車の迎え時間と場所が決まった後、搬送されます。

1.寝台車お迎え・故人の搬送

寝台車で、予め決めた時間と場所へ故人を安置場所へ搬送します。 直葬は火葬のみですが、ご臨終の当日に火葬するとはできません。 これは、死後24時間は火葬できないという法律があるため、多くの場合は臨終の翌日に火葬を行います。

2.葬儀会社と打ち合わせ

火葬場所や火葬時間を葬儀会社と打ち合わせます。 一般葬に比べると打ち合わせる内容も少ないため、心の整理がまだついていない遺族の精神負担も少なくなっています。

3.親戚や知人への報告

直葬は少人数で行うため、参列してもらう近親者へ連絡をします。 ただし通夜や告別式を行わない葬儀となるので、周囲への事前の理解を得なければなりません。 故人との親しい友人などがいる場合は、参列しなくても連絡を取っておきましょう。

4.納棺

故人を棺へ納めます。 直葬の場合、出棺の直前か火葬前夜に行われます。 故人の愛用していた日用品などを一緒に納めて、お別れをします。

5.お別れの儀式

火葬場へ出発するために出棺します。 安置場所で別れを済ませ、霊柩車へ棺を運びます。

6.火葬

火葬場に到着後は、炉の前で別れをした後に火入れとなります。 棺が火葬炉に入ってから1~2時間で終了します。 この時に読経を行う場合もあります。 火葬を終えた後は骨揚げを行い、喪主から順番に故人の遺骨を骨壺に納めていきます。 最後に包まれた骨壺を受け取り、収骨します。

親族を呼ぶ範囲

直葬は小規模な少人数制の葬儀となります。 故人が高齢で友人や知人がほとんどいない場合や、家族など少ない親近者のみが参列する場合に行われます。 そのため故人の親、兄弟姉妹、配偶者、子供など一般葬で火葬場へ行くときのようなごく近い親近者で行われます。 親しい知人や友人には、後日弔門してもらうように理解してもらうことが必要です。

直葬のメリット・デメリット

メリット

・費用を抑えられる
直葬は、通夜や告別式、また参列者や僧侶へのもてなしが必要ないので諸経費が必要ありません。 そのため費用の負担をできるだけ抑えたいという場合には最適です。

デメリット

・参列者が限定される
一般葬と違ってごく近い親近者のみで行われるため、参列者が限定されてしまいます。 後になって参列したかっという知人や親族が出ないように事前に配慮と理解が必要です。 臨終から火葬までの時間も短いので、後から苦情などがないよう予め説明をしましょう。

相場

上記でも触れたように、直葬は通夜や告別式がないので費用が抑えられます。 一般葬であれば200万円前後が必要となりますが、直葬は10万円以下~30万円で済ませることができるのです。 葬儀会社やプランによって差はありますが、オプションによっての差となります。 そのため費用を抑えようと考える場合は、かなりリーズナブルにできます。 葬儀費用を捻出できないような場合にも最適と言えるでしょう。

費用・プランのご案内

費用・プランのご案内

供花スタンド・花輪(葬儀・葬式)のご注文 画像 供花スタンド・花輪(葬儀・葬式)のご注文 画像

[特集]お布施の包み方

↑ PAGE TOP